投稿

低体温と病気 〜病気は低体温から〜 その3

  腸内細胞叢にも悪影響を及ぼす低体温 体の中の最大の免疫機能は腸管(小腸)です。 腸内は細菌がたくさん住み着き、粘膜から侵入しやすい。 免疫の60%は腸管にあり、 パイエル板* が中心となり、免疫情報を全身に配信して免疫機能を維持している。 (*パイエル板 … 小腸の絨毛の間に存在するリンパ小節が集合した腸管特有の免疫組織) 大腸内には、腸内細菌叢(腸内フローラ)と呼ばれる100種類以上、100兆個、重さにして1.0Kgもの酸素を嫌う(嫌気性)細菌が住みついている。 乳酸菌・ビフィズス菌などの善玉菌、大腸菌・ウェルシュ菌などの悪玉菌、日和見菌(免疫力が低下すると有害菌に変化)がバランスよく住みついている場合には、 特に体への悪い作用はない。 大切… 腸管免疫が働きやすい体内温度は 37.2度 。 深部体温が1度下がると腸管免疫が低下する。 ↓↓ 腸内の細菌がパイエル板から静脈血に入り、体内の血液を巡り、さまざまな組織や器官の細胞にばらまかれ ↓↓ 過剰反応を引き起こす。 低体温では腸の蠕動運動が弱くなり、便意を催しにくくし、腸壁に不純物がたまり、アレルギーを招きかねない。 とにかく、よい腸内環境を維持するには、お腹を温めることが大切。 注目… 腸内に善玉菌が多い健康な便は、 弱酸性で、漬物のような発酵性の臭いがし、 バナナ状の黄土色の便で水に浮く。 逆に腐敗菌がふえると、 便はアルカリ性で、便の色は茶色から黒色になり水に沈む。 腸内のphと便 Ph低い(酸性) ↓ Ph 4.5〜5.5 赤ちゃんの便 黄色 ↓ ↓ Ph5.5〜6.0 健康な人  水分が70〜80% ↓        バナナ状2個分(100〜200g) ↓        黄土色 ↓ ↓ Ph7.0(中性)茶色 ↓ ↓ Ph8.0(弱アルカリ性)黒色 ↓ ph高い(アルカリ性) アルカリ環境が大好きな悪玉菌は、PH6.0以下では育ちにくい。 善玉菌がふえてくるとphは約0.5ほど下がり、悪玉菌も減り、リンパ球の数がふえる。 病気は低体温、低酸素による生命の働き 体はまるで温室のようなもの。 温室の中では、さまざまな野菜の栽培や細菌の育成のために、温かくする熱エネルギーと空気が必要です。 同様に、人体の中で生き

低体温と病気 〜病気は低体温から〜 その2

消化酵素を大量に使う低体温 私たちの体の中では、約5000種類以上の酵素が働いている。 体内酵素は「消化酵素」と「代謝酵素」の2群に分けられる。 消化酵素は… 食べ物を分解する酵素。 代謝酵素は… 代謝に関わる酵素で、約10ミクロン前後まで細くされた栄養を、腸の絨毛から吸収し、毛細血管を通って内蔵や筋肉などあらゆる組織へと供給。体にたまった毒素や老廃物を汗や尿の中に排泄したり、リンパ液や白血球の働きを促進し免疫力を高めたりする。 大切… 体内酵素が最も活性化する深部温帯は、37.2 〜 38.5度 その時、腋下・舌下は、36.5度。   低体温では体内酵素の働きが弱まり、消化の反応速度は遅くなり消化酵素を多量に必要とする。 体内酵素の生産量には個人差があり、一生の間に体内で作られる量は一定です。 ↓↓ 従って消化酵素として使っていくばかりではどんどん減少し、代謝酵素に回す分が不足しがちになる。 ↓↓ その結果、生命の維持活動を修復するのに支障をきたし、寿命にも関係する。 低体温は汗腺機能を鈍くする 汗は、恒温動物の人間にとって体温を一定に調整する大事な働きをしている。 その発汗のしくみは… 体温が上昇すると汗腺に血液中の水分とミネラルがとり込まれ、ミネラルは血液中へ再吸収され主に水分が汗として体外へ出され、気化熱が体を冷やして体温を下げる。 重要 … 冷暖房完備の過保護な所にばかりいると、汗をかく機会も少なく、汗 腺機能が低下し、部分的に汗が出にくい体質になる。           ↓↓ 汗腺の衰えは、汗腺の数を少なくし、ひとつひとつの汗腺の負担が ふえるので、ミネラルを血液中へ再吸収することが追いつかず、汗といっしょに 排泄されるのが悪い汗。 参考 … たとえ大量の汗をかいた後に水を飲んでも、血液がミネラルを体 内に保とうとして、せっかく飲んだ水分を尿で排泄してしまい、結果的に血液はドロド ロに、汗もかけず、体温は上昇し熱中症になる。 汗のもう1つの大事な役割は、体内の有害物質や老廃物を排除す る役割もある。遠赤外線や温浴により、40度前後で体を芯から温めた時に出る 汗には、皮脂腺からの有害物質の水銀・鉛・カドミウム等の重金属 等がふくまれている。 重金属は脂肪に溶けやすく、皮下脂肪に蓄積されると燃えな

低体温と病気 〜病気は低体温から〜

体の不調を招く低体温 日本人の平均体温は、36.89度 ± 0.34度 とされている。 しかし現実は、赤ちゃんからお年寄りまで、36度以下(腋下温)の低体温の人が増えている。 注目… 健康な体を維持していく理想的な体温は、36.5 ~ 37.0度 脳や内臓の深部体温は、37.5 ~ 38.5度 重要… 体温はとても大切な役割を持ち、 血液の流れや、腸内細菌のバランス、 体内酵素の活性化、免疫力やエネルギーの生成まで関わっている。 低体温になると… 冷えが手や足の末端から始まり、 ↓↓ 低体温が続くと、肩こり・生理不順・頭痛・腰痛に。 ↓↓ 新陳代謝が悪くなり、シミ・肌荒れ。 ↓↓ 排泄機能が低下し、むくみ・便秘・下痢。 ↓↓ 基礎代謝までも低下し、肥満になり、 ↓↓ 脳の血行代謝が悪くなり、イライラ・不安感などもつのり、 ↓↓ 不眠・慢性疲労・内臓系の病気・不妊に。 ↓↓ ガン、アトピー性皮膚炎、難病が発生。 ↓↓ 心まで冷えて、やる気減退・マイナス思考・うつに。 主に健康な人と病気の人との違いは体温にあり 朝起きて、活動を開始してからの体温が「35度台」の人は低体温。 朝起きて、活動を開始してからの体温が「34度台」の人は病気になる前の状況にある。 低体温とは 36.5度前後 … 最適な温度。 このとき、脳や内臓のある深部体温は、37.2度。 36度以下 … 低体温 35度台 … 末病、大きなストレスがある。ガンが好きな温度。 34度台 … 病気の可能性。 ガンは39.0度以上の熱で増殖を停止する。 低体温のいちばんの原因は、生き方。 〈低体温になる原因〉 運動不足による筋肉量の不足 冷たい物や甘い物の食べ過ぎ 過酷なダイエット 冷暖房完備の住環境 体を締め付ける下着 窮屈な靴 シャワーだけの入浴 肉中心の食事 過度のストレス 血管を収縮させ体を冷す消化鎮静剤や降圧剤等、医者からもらう薬の服用

体が若くなる技術 〈6〉おなかを空かせて若くなる vol.4

    体が若くなる技術 〈6〉vol.4 「 おなかを空かせて若くなる」 ◆ 「やせないこと」と「空腹になること」はどう使い分けるのか === A === ・内臓脂肪を溜め込んだメタボが生活習慣病を引き起こすのは間違いない  ・カロリー制限によって生活習慣病を予防できるのも本当 === B === 一方、やせすぎの人やコレステロールの少ない人の死亡率が高いのも本当。   このABの比較は「病気になりやすい」か「死亡率が高い」かの違い。 そしてその違いは「年齢」によってはっきりと分かれている。 注目… メタボにより糖尿病になる平均年齢は約50才。 一方、やせすぎにより死亡率が高くなるのは男性で70才から女性で75才。 重要…   私たち 65才を境 に、血液中のコレステロール濃度が自然に下がってきます。 ですから、65才以下では食べ過ぎないこと、内臓脂肪を溜め込まないようにし、生活習慣病にかからないようにする必要があります。 65才を過ぎたら、無理に食べないで栄養(バランスの良い)たっぷりの食事をして体力をつけ、やせすぎによって筋肉を衰えないようにしましょう。 さらに、コレステロールの濃度が下がると免疫機能が低下して、ガン・脳血管疾患・呼吸器疾患の死亡率がいずれも高くなる。 注意…   「やせすぎの予防」と「空腹の獲得」は、年齢を意識して生活に取り入れることで体の変化にあわせた健康法となる。 ◆ 緑・赤・黄色の野菜を食べましょう   血液中のカロテンの量が多い高齢者は、生活の質が高い つまり介護なしで元気に生活ができる。 カロテンは、にんじん・赤ピーマンの色のもとになっている抗酸化物質   抗酸化物質は活性酸素を減らし、遺伝子を守ってくれる物質で、ミトコンドリアを活性化させる役割もある。 抗酸化物質: ビタミン   リコピン(トマト・スイカ)   アスタキサンチン   カテキン 植物には多くの抗酸化物質が含まれる。 葉野菜には多くの「葉緑体」が含まれる。 (葉緑体は光合成を行う場所) (抗酸化物質としてコエンザイムQ10に似たプラストキノンという物質を豊富に含んでいる ) 参考… コエンザイムQ10は、ときには活性酸素をつくり出す欠点を持っているが、 プラストキノンは活性酸素をつくり出してしまう性質がず

体が若くなる技術 〈6〉おなかを空かせて若くなる vol.3

  体が若くなる技術 〈6〉vol.3 「 おなかを空かせて若くなる」 ◆ 栄養バランスは「3:1:1」で摂りなさい カロリー制限でひとつだけ気を付けてほしいこと とにかく栄養バランスに注意すること。無理なカロリー制限をして栄養失調になってしまうと、結局ミトコンドリアは増えず健康も美容も害してしまっている。(壊血病や脚気になる可能性もあり)  超重要… ここで言う必要な栄養素とは、ミネラル・ビタミン・アミノ酸です。 どのようなバランスで食事をすればいいのかと言うと、 カロリー源として、 炭水化物 と たんぱく質 と 脂質 を「3:1:1」くらいの割合で摂れば良い。 参考… 修行中のお坊さんの精進料理は、自然とカロリーが50%に制限された食事です。 例えば、、 朝食 … おかゆごはん一杯、漬物 昼食 … ごはん、みそ汁、ごまあえなどの野菜料理一品 夕食 … ごはん、みそ汁 精進料理は仏教の伝播とともに伝わったと言われています 精進料理は、野菜・煮しめた根菜類・豆腐・凍み豆腐・こんにゃく・ひじきなどの海藻類を材料として作られる。精進料理の特筆すべき点は「ごま」をよく利用していること。 大切… タンパク質と脂質の過剰摂取を控えることは、栄養バランスとしても重要なことです。 肉を食べると良くないのは、タンパク質を摂り過ぎることで、有害なアンモニアが発生するから。 しかし、必須アミノ酸をとるにはタンパク質が必要。 アンモニアを減らして、必須アミノ酸を効率よく摂るには、必須アミノ酸を多く含む 「ごま」 を活用。肉の量を減らして「ごま」を加えると良い。 糖質オフてで食べ過ぎ解消! 低糖質の物をうまく組み入れたり置き換えたりして、ゆる~く美味しい低糖質制限も取り入れていきましょう。 ◆ 「週末断食」が眠っていたミトコンドリアを呼び覚ます 週末だけ断食する「プチ断食」というのがある。(週末の断食) プチ断食は、必ずしも完全に断食するわけではない。 「少食に」するという意味。 プチ断食例 朝食 … 野菜ジュースあるいは紅茶 昼食 … 軽く麺類 夕食 … 軽めの食事 上記のように気楽に取り組み、前日から食事を減らしぎみにして、週に一回くらいから実行すると良い。 すると、体調が非常によくなる。 た

体が若くなる技術 〈6〉おなかを空かせて若くなる vol.2

  体が若くなる技術 〈6〉vol.2 「 おなかを空かせて若くなる」 ◆ 長寿の研究は「パン酵母」からはじまった 江戸時代の儒学者:貝原益軒の書「養生訓」には、 あれこれ食べてみたいという食欲を抑えることが、 長寿をまっとうするための第一条件と書かれている。 最近も、それぞれの自分の体験から、 粗食・プチ断食・腹八分目の食生活をすすめる方がたくさんいらっしゃる。 重要… 70年前には、動物と食事と寿命の研究から、カロリー摂取を少なくするだけで、寿命が長くなることがすでに知られていた。 参考… アメーバのような単細胞生物から、マウスのようなホ乳類まで、 エネルギーの源であるカロリーを制限すれば、どの動物でも長寿になれる。 実験… 多くの実験では、カロリーは自由に食べられる食料のうち、50~60%に抑えると・・・ ・アメーバは1.9倍 ・ミジンコは1.7倍 ・クモは1.8倍 ・グッピーは1.4倍 ・ラットは1.4倍 人間の場合では1日1200キロカロリーくらい。 例えば・・・   朝食 …トースト1枚、卵1個、野菜や果物少々 昼食 …肉を50gと野菜 夕食 …小さい茶碗一杯のご飯、魚ひと切れ、冷ややっこ半丁、     野菜・果物少々   ↑ 食いしん坊には難しい内容。 カロリー制限によって寿命がのびるということは、 エネルギーが低下し、活性酸素の発生量が少なくなるからでしょう。 「亀型寿命」に習った方法と思われた。 重要… カロリー制限によって寿命がのびるのは、エネルギー代謝以外のシステムと関係していることが判明した。 ◆ 長寿をのばす「長寿遺伝子」とは パン酵母はひとつの細胞からなる、単細胞生物。 ミトコンドリアもあり、寿命がある。 パン酵母を栄養物の中に置くと、分裂していつまでも増えつづけることができる。 分裂していつまでも増えつづけることができるので、寿命がないように感じるが、そうではない。母酵母が「こぶ」のような出っでぱりが出てそれが大きくなって子となる。 注目… 親からはこぶが20回できて、それ以後はこぶができなくなり死に絶えてしまう。 パン酵母も人間と同じように親はみずからの生命を子に託し死んでしまう。 ここでパン酵母の栄養を25%だけカロリーを減らすと、長生きになると発見さ

体が若くなる技術 〈6〉おなかを空かせて若くなる vol.1

体が若くなる技術 〈6〉vol.1 「 おなかを空かせて若くなる」 ◆ 不老長寿の極意は「摂らないこと」にある 古今東西、秦の始皇帝をはじめ、権力者たちは からだが若くなる食べ物を求めて、 未知の何かを食べることによって、永遠の若さを獲得しようとしていた。 不老長寿の食べ物は、いまだに見つかっていない。 しかし、不老長寿とまでいかなくとも、健康を維持して老化を遅らせるような食べ物はないわけではない。 「体が若くなる食生活」は可能。 注目… 私たちの体の中では、多くの物質をつくり出している。 体でつくり出せない物質はむしろ少ない。 大切… ・つくり出せない物質は食物として取り入れなくてはならない。 ・つくりにくい物質は体内で合成したのでは間に合わない。 適切な食べ物を十分に体内に取り入れなければ、健康を維持することができない。 ex1:VCは人間の体内でつくり出すことができない。 → VCが不足すると壊血病になる。 ex2:B1が足りないと → 脚気という病気になる。 私たちの体は20種類のアミノ酸から成るタンパク質によって形づくられている。 そのアミノ酸のうち、11種のアミノ酸は細胞内で合成できる。 9種のアミノ酸はつくり出すことができない、あるいは、つくっていたのでは間に合わない。 →   "必須アミノ酸"  です。 ・体内でつくり出せないアミノ酸(8種)  イソロイシン、ロイシン、リジン、メチオニン、  フェニルアラニン、スレオニン、トリプトファン、バリン。 ・体内でつくるだけでは足りないアミノ酸(1種)  ヒスチジン 体内でつくり出せないので、食べ物から補うしかない。 アミノ酸はタンパク質を消化すると得られる。 必須アミノ酸もタンパク質から補わなければいけません。 (特にホ乳類の肉は、私たちと近縁のため、必須アミノ酸をたくさん含んでいる) 植物に含まれているアミノ酸は、人間の比率とちがうためバランスが悪い。 しかし「米」は、タンパク質がたくさん含まれている(肉には及ばず)。 理想的なバランスで必須アミノ酸が得られる食事は、 →  「赤飯」 。 赤飯はあずきと一緒にもち米を蒸し上げて(あるいは炊き上げて) ごまをかけてつくる。 参考 … 米には小麦粉な